ウーマン

理想の家で幸せをつかむ|低予算で評判のタマホームで家を建てる

老後の住み替えとして

女の人

市街地への引越

勤務先が都心のケースで、子供が小さい時期に比較的地価の安い埼玉県などの郊外に一戸建てのマイホームを購入した家庭は多いと思われます。その後、子供が進学や就職、結婚などを契機に独立したケースでは、夫婦二人で住むには庭付き一戸建て住宅は広すぎるといった感想を持つケースも多く報告されています。また、郊外の一戸建ての場合は車を所有していないと買いものするにも不便な立地も多く、高齢化で車が運転できなくなると急に生活が不便になることとなります。そうした場合、所有している物件を売却して、交通の便の良い都心の中心部や都心に引越すケースが増えてきているといわれています。埼玉で不動産売却を検討されているのであれば、地元埼玉の不動産事情に詳しい不動産業者に物件の売買の仲介を依頼するのがよいといわれています。

業者選定時には

また、不動産売却の依頼にあたっては、埼玉での売却実績が豊富な複数の不動産業者に査定を依頼するのが重要なポイントになるといわれています。複数の業者の査定価格を比較検討することで、ある程度市場の需給動向を把握することができるようになります。その結果、高値で売りに出して売れ残ってしまったり、安すぎる価格で売りに出して損をしてしまうリスクを避けることができるようになります。なお、売却を計画するにあたっては、余裕の持ったスケジュールで計画を立てておくことが重要になります。早めに新居を決めてしまい売却を焦るようなケースでは、結果として不本意な価格で売却せざるを得ない可能性が出てくるので注意が必要となります。